にんにく卵黄の基礎知識エントリー一覧

にんにく卵黄の歴史

にんにく卵黄について調べていくと、その『起源は南九州』ということがわかります。正確には、旧薩摩藩の領地内が発祥の地のようです。参勤交代で江戸に向かう武士が、栄養補給のために『にんにく卵黄』を常備していたということですから、『にんにく卵黄』は江戸時代から存在していてことがわかります。しかし、なぜ薩摩藩...

続きを読む

にんにくパワーとは

中央アジアを原産とするにんにくは、その効果が認められ、世界中に広められていきました。ピラミッド建設の最大の功労者は、労働者の疲労回復に役立ったにんにくという説もあるほどです。にんにく自体が持つ効果は、疲労回復、滋養強壮、コレステロール値の低下、血圧のコントロール、動脈硬化の予防、血液の粘性低下、抗が...

続きを読む

卵黄パワーとは

卵黄にはビタミンCとナイアシンを除く、人間に必要な栄養素のすべてを備えた、優れた栄養食品です。コレステロールも多量に含まれていますが、卵が原因で血中のコレステロール値が上がることはないことが、研究の結果、わかっています。卵を使った料理法は、生のまま食べる、卵焼き・目玉焼き、ニラ玉など、さまざまなレシ...

続きを読む

自作のにんにく卵黄と製品の違い

にんにくの持つ栄養価は昔から知られていましたが、現代と同様、あの独特のにんにく臭が敬遠され、仏教が肉食と匂うものとしてにんにく食を禁止したことから、鎌倉時代より多くの日本人の食生活から、にんにくは遠ざけられていました。ただし、薩摩藩だけでは、豚肉を主体とした肉食とにんにくは食べられ続けていました。琉...

続きを読む

にんにく卵黄は医薬品?

南九州伝統の『にんにく卵黄』は、日々の栄養補助を行う健康食品という扱いなので、薬事法に規定される医薬品ではありません。ですので、現在何かのお薬を飲んでいても、栄養補給の一貫として使用しても全く問題ありません。『にんにく卵黄』は多くの健康食品メーカーが発売しており、ソフトカプセルタイプ、ハードカプセル...

続きを読む