にんにく卵黄の歴史

にんにく卵黄について調べていくと、その『起源は南九州』ということがわかります。正確には、旧薩摩藩の領地内が発祥の地のようです。

 

参勤交代で江戸に向かう武士が、栄養補給のために『にんにく卵黄』を常備していたということですから、『にんにく卵黄』は江戸時代から存在していてことがわかります。しかし、なぜ薩摩藩だけが、『にんにく卵黄』を使用していたのでしょうか。

 

にんにくの栄養価については、古くから知られていましたが、やはり独特の臭気が問題となり、仏教により食することを禁止されたこともあり、当時の日本では肉食とともに、にんにくを食べる習慣は廃れていきました。

 

ところが薩摩地方では、琉球を通じて中国との交易があったことも影響して、肉もにんにくも食べつづけられました。特に、にんにくの栄養価が高く評価されていたことが、『にんにく卵黄』の誕生からも伺えます。

 

その独特の臭気のため、栄養価は高いのになかなか食べることができない『にんにく』を何とかしようと、昔の人たちがトライ&エラーを繰り返すうちに、卵黄と混ぜて加熱するという方法にたどり着き、産まれたのが『にんにく卵黄』です。

 

これは実に理にかなっており、にんにくの匂い成分であるアリシンは、タンパク質と結合することにより匂いが抑制されることがわかっています。にんにくの匂いを消すために牛乳を飲むという方法がありますが、これも牛乳の持つタンパク質とアリシンの結合作用によるものです。ただし、牛乳はにんにくを食べる前に飲むことが条件になりますが。

 

にんにくと卵黄両方の栄養を摂取し、にんにくの匂いも抑えて『にんにく卵黄』は、先人たちの試行錯誤の末にできた、一石二鳥の健康食品なのです。

にんにく卵黄の歴史関連ページ

にんにくパワーとは
にんにくパワーについて説明します。
卵黄パワーとは
卵黄パワーについて説明します。
自作のにんにく卵黄と製品の違い
自作のにんにく卵黄と製品の違いについて説明します。
にんにく卵黄は医薬品?
南九州伝統の『にんにく卵黄』は、日々の栄養補助を行う健康食品という扱いなので、薬事法に規定される医薬品ではありません。