にんにく卵黄の効果エントリー一覧

朝の目覚めが快適に

20世紀後半から、現代人の生活スタイルは、大きく変わりました。24時間どこに行っても、街の灯り、家の灯りが灯っています。終身雇用制が崩壊してからは、派遣社員やフリーターと呼ばれる職種の人たちが増え、コンビニや工場の夜間勤務、交通量の多い道路での夜間工事などで、本来寝ているべき時間に起きていなければな...

続きを読む

疲労回復に効果抜群

にんにくのあの独特の匂いの元となる成分である「アリシン」は、ビタミンB1と結合するとアイリチアミンと呼ばれる脂溶性のビタミンB1に変化します。ビタミンB1の働きは、体内の糖分をエネルギーに変える重要な役割を持っていますが、通常は水溶性であるため、長時間体内に残って働くことができません。それが、にんに...

続きを読む

効果はお肌に現れる

にんにくの臭気のもとである「アリシン」は脂質と結合して、身体を錆びさせていく“活性酸素”を退治する強力な抗酸化作用を発揮します。酸素分子は不安定な物質で、他の分子や電子と結合する性質があります。これを酸化作用と呼びます。その結果、さらに不安定で攻撃的な“活性酸素”を作り出してしまいます。この“活性酸...

続きを読む

ボケの予防ににんにく卵黄

人間の脳の内部ででは、神経伝達経路が網の目のように張り巡らされており、さまざまな伝達物質が行ったり来たりすることで、脳神経細胞にスイッチが入り、身体の各器官に指令を出しています。その中でアセチルコリンという神経伝達物質が、記憶と関係があることがわかっています。そして、アセチルコリンの生成にはコリンと...

続きを読む

不足しがちなビタミン補給に

『にんにく卵黄』と聞くと、どちらも栄養価の高い、どこでも手に入る食品というイメージがありますが、人間が生きていく上で必要な栄養分の、ほとんどを補える食品であるということを知っている人は、それほど多くはないと思います。まず、にんにくには「アリシン」という成分があります。これが豚肉や豆類に含まれるビタミ...

続きを読む

コレストロール値が気になる方へ

 卵から連想する悪いイメージとして、“コレステロールが高い”というのが一般的だと思います。一概に“コレステロール”と言っても、実は“コレステロール”には、 “悪玉コレステロール”と “善玉コレステロール”の2種類があります。まず、“悪玉コレステロール”は「LDLコレステロール」と呼ばれ、これが血中に...

続きを読む