効果はお肌に現れる

にんにくの臭気のもとである「アリシン」は脂質と結合して、身体を錆びさせていく“活性酸素”を退治する強力な抗酸化作用を発揮します。酸素分子は不安定な物質で、他の分子や電子と結合する性質があります。これを酸化作用と呼びます。その結果、さらに不安定で攻撃的な“活性酸素”を作り出してしまいます。

 

この“活性酸素”が大量に発生すると、身体中の細胞を酸化させ、老化を促進し、しわやたるみを発生させます。

 

 脂質と結合した「アリシン」は、ビタミンEと同じように強力な抗酸化作用で“活性酸素”を退治し、細胞の酸化(錆びが発生した状態)を防ぎ、老化を最小限に食い止めます。

 

 また、「アリシン」を50℃から80℃の油脂の中に入れると「アホエン」という成分が作られます。この「アホエン」も強い殺菌力とともに抗酸化力を持っており、抗生物質のような役割を果たすと同時に、記憶力も向上させ脳年齢の若返りにも効果を発揮します。

 

 さらに、血液の粘性を下げサラサラ血液へと変える作用、動脈硬化防止作用、肌に必要な酸素と栄養素を届ける作用もあり、美肌にも効果があることがわかっています。

 

 『にんにく卵黄』とは、少し話しが逸れますが、にんにくの成分は肌からも吸収されやすいということがわかってきました。にんにくB1エキス入りの入浴剤を毎日使用することで、アトピー性皮膚炎患者の表皮の保湿量が高まり、肌に潤いが出てくることが実証されてきました。にんにくは食べても入浴剤にしても、効果的なんですね。

効果はお肌に現れる関連ページ

朝の目覚めが快適に
にんにく卵黄の効果のひとつ「朝の目覚め」について紹介します。
疲労回復に効果抜群
にんにく卵黄の効果のひとつ「疲労回復に効果」について紹介します。
ボケの予防ににんにく卵黄
にんにく卵黄の効果のひとつ「ボケの予防」について紹介します。
不足しがちなビタミン補給に
にんにく卵黄の不足しがちなビタミン補給にも効果的です。
コレストロール値が気になる方へ
にんにく卵黄はコレストロール値が気になる方にも効果的です。