ボケの予防ににんにく卵黄

人間の脳の内部ででは、神経伝達経路が網の目のように張り巡らされており、さまざまな伝達物質が行ったり来たりすることで、脳神経細胞にスイッチが入り、身体の各器官に指令を出しています。

 

その中でアセチルコリンという神経伝達物質が、記憶と関係があることがわかっています。そして、アセチルコリンの生成にはコリンという物質が必要なのですが、卵黄に含まれているレシチンにはコリンが大量に含まれていますので、にんにくは脳にとっても非常に有益な食材であることがわかります。

 

アセチルコリンが不足すると、健忘症が進行したり、感覚に異常を来たしたりします。レシチン由来のアセチルコリンは、学習能力の向上、記憶力の低下防止、老人性認知症にも効果があります。

 

そのほかにも、レシチンには血管内の悪玉コレステロールを取り除く効果もあります。

 

また、にんにくのにおいの元である「アリシン」は、豚肉などのビタミンB1と結合してアリチアミンという物質に変化します。このアリチアミンも脳の働きを助ける良い成分で、脳神経を安定化させ、脳が正常に機能するようにコントロールする力を持っています。

 

このように、『にんにく卵黄』はボケの予防には打ってつけの健康食品だと言えるでしょう。今のうちから、バランスのよい食事に『にんにく卵黄』をプラスする生活を続けていけば、死ぬまでボケないでいられる可能性が大きく高まることでしょう。

 

わたしの叔母は認知症になり、ケアハウスを転々とした末に亡くなりました。それを看取った母は「ボケる前に死にたい」と言っていたのが、心に残っています。

ボケの予防ににんにく卵黄関連ページ

朝の目覚めが快適に
にんにく卵黄の効果のひとつ「朝の目覚め」について紹介します。
疲労回復に効果抜群
にんにく卵黄の効果のひとつ「疲労回復に効果」について紹介します。
効果はお肌に現れる
にんにく卵黄の効果のひとつ「美肌の効果」について紹介します。
不足しがちなビタミン補給に
にんにく卵黄の不足しがちなビタミン補給にも効果的です。
コレストロール値が気になる方へ
にんにく卵黄はコレストロール値が気になる方にも効果的です。