コレストロール値が気になる方へ

 卵から連想する悪いイメージとして、“コレステロールが高い”というのが一般的だと思います。一概に“コレステロール”と言っても、実は“コレステロール”には、 “悪玉コレステロール”と “善玉コレステロール”の2種類があります。

 

まず、“悪玉コレステロール”は「LDLコレステロール」と呼ばれ、これが血中に増えすぎると、血管に貼りついて固まりとなり、動脈硬化などを引き起こす悪いやつです。

 

これに対して、“善玉コレステロール”は「HDLコレステロール」と呼ばれ、血管にへばりついた「LDLコレステロール」をはがれやすくし、血管内から運び出す役目を果たしています。「HDLコレステロール」が増えれば、心疾患に罹患する確率が低くなるわけです。

 

『にんにく卵黄』に含まれている「コレステロール」の多くは、実は“善玉”の方なのです。ですから、卵に由来する「コレステロール」については、あまり気にする必要はありません。

 

また、卵黄内に大量にあるレシチンは血中のコレステロール値を下げる作用があります。コレステロールや中性脂肪は、卵黄レシチンの大部分を占める卵黄コリンにより、コントロールされており、動脈硬化や肝炎の治療薬にも利用されているほどです。

 

『にんにく卵黄』により卵黄コリンを体内に取り込むことは、コレステロールや中性脂肪の正常なコントロールに効果がある、非常に有効な手段と言えます。

 

日ごろからコレステロール値が高く、『にんにく卵黄』の使用に不安がある方は、かかりつけのお医者さんに相談して、納得してから使用しましょう。

コレストロール値が気になる方へ関連ページ

朝の目覚めが快適に
にんにく卵黄の効果のひとつ「朝の目覚め」について紹介します。
疲労回復に効果抜群
にんにく卵黄の効果のひとつ「疲労回復に効果」について紹介します。
効果はお肌に現れる
にんにく卵黄の効果のひとつ「美肌の効果」について紹介します。
ボケの予防ににんにく卵黄
にんにく卵黄の効果のひとつ「ボケの予防」について紹介します。
不足しがちなビタミン補給に
にんにく卵黄の不足しがちなビタミン補給にも効果的です。