『やわた』の熟成にんにく卵黄

福地ホワイト6片を30日間熟成させて作られるにんにく卵黄!

 

日本一のにんにく生産量を誇る青森県のなかでも福地産“ホワイト六片種”というにんにくを採用しています。これは女性の握りこぶしほどの大きさがあるにんにくで、さらに六片にわかれており一片が非常に大きい種類です。

 

匂いと辛味が強いため、生食には向きませんが、火を通すホクホクとした歯ざわりと甘みが出てくる、とてもおいしいにんにくで、市場での人気も高い品種です。

 

この福地産“ホワイト六片種”を熟成させてから、『にんにく卵黄』に加工するのが『やわた』の特徴です。

 

 

 

 

にんにくは、自分の持つ酵素で自己発酵することで黒く熟成していきますが、栄養分を逃さず熟成させるためには、温度管理や熟成の度合いを判断できる熟練した職人さんが必要です。

 

『やわた』では、その職人さんの管理のもと約30日間熟成させたにんにくを使用しています。熟成させることにより、アミノ酸は約1.3倍に、タンニン(ポリフェノールの一種)は5倍になります。

 

鶏卵にもこだわりがあり、獣医師が管理している熊本県の放し飼いで育てている養鶏場の有精卵を使用しています。 『やわた』では、この青森の熟成にんにくと熊本の有精卵を使ってカプセルタイプの『にんにく卵黄』を生産しています。

 

熟成したにんにくパワーを濃縮したのが、『やわたの熟成にんにく卵黄』の特徴です。

 

 

オススメ度:

 

TV通販で有名な「やわた」のにんにく卵黄。

 

商品の詳細をチェック

『やわた』の熟成にんにく卵黄関連ページ

にんにく玉本舗
にんにく卵黄の人気商品「にんにく玉本舗」を解説します。
『健康家族』のにんにく卵黄
にんにく卵黄の人気商品「『健康家族』のにんにく卵黄』の熟成にんにく卵黄」を解説します。
伝承にんにく卵黄
にんにく卵黄の人気商品「『サンプロジェクト』の伝承にんにく卵黄」を解説します。
『やずや』の雪待にんにく卵黄
にんにく卵黄の人気商品「『やずや』の雪待にんにく卵黄」を解説します。
『長寿の里』の薩摩黒にんにく卵黄
にんにく卵黄の人気商品「『長寿の里』の薩摩黒にんにく卵黄」を解説します。