にんにく卵黄と相性のよい食材は?

『にんにく卵黄』にも相性のよい食材があります。正確に言うと、卵黄自体はほぼ完全な栄養食品なので、相性の良し悪しは問いません。にんにくとの相性と捉えておいてください。

 

にんにくと相性のよい食材とは、ビタミンB1が多く含まれている食材です。例えば、豆腐、豆類、豚肉です。

 

ビタミンB1は、糖分をエネルギーに変える作用を持つ重要なビタミンですが、残念ながら水溶性のため、体内から排泄されやすい性質を持っています。
ところが、このビタミンB1はにんにくの匂いの成分である「アリシン」と結合すると、ビタミンB1の能力を持ったままで「アリチアミン」という脂溶性の物質に変化します。脂溶性に変化することにより、体内にとどまる時間が長くなるので、より多くの糖分をエネルギーに変換させることができるようになり、疲労の回復が早くなるのです。

 

また、「アリシン」自体にも有効な効果があります。「アリシン」は、胃腸を刺激し働きを活発にします。その結果、食欲を増進させます。夏バテで食欲がないときは、にんにく料理がよく効くのは、そのせいです。

 

また、にんにくの殺菌作用による風邪の予防、抗酸化力により“活性酸素”を除去し、細胞の老化を抑えます。いま流行のアンチエイジング効果ですね。

 

このように、にんにくの持つ潜在能力を引き出した食品が『にんにく卵黄』であり、さらに相性のよい食材と一緒に摂取することで、その効果は何倍にも大きくなるのです。にんにくとの相性を考えて食材を選ぶことで、相乗効果が期待できます。

にんにく卵黄と相性のよい食材は?関連ページ

まずはサンプルを試してみよう
にんにく卵黄のサンプルやお試しで試してみるのも大事です。
どのくらいの量を飲めばいいの?
どのくらいの量を飲めばいいのがを説明しますl。
きれいと健やかライフの相乗効果
いつまでも若く美しく健康でいたいというのが、世の中の女性全体の願いだと思います。そんな願いを叶えてくれるのが『にんにく卵黄』です。
にんにく卵黄を使ったレシピ
『にんにく卵黄』はそれ自体でも香ばしい香りをもつ、おいしい健康食品ですが、粉末タイプや顆粒タイプを使っておいしい料理を作ることもできます。