顆粒タイプ

原形は粉末状の『にんにく卵黄』を、粒状に加工したのが『顆粒タイプのにんにく卵黄』です。カプセルタイプは苦手だけれど、いつもバッグの中などに入れておいて、すぐ服用できるようにしておきたいという人にお薦めの一品です。

 

『にんにく卵黄』になる段階で、にんにく独特の臭気は抑えられていますが、カプセルのように密閉はできないので、多少匂いは残ります。と、言っても、にんにくを炒めたときのような香ばしいにおいですが。

 

顆粒タイプは、カプセルタイプと粉末タイプの両方の利点を兼ねています。粉末タイプのように料理にも使えますし、単体で服用することもできます。ただし、どうしても匂いがだめな人は、あきらめてカプセルタイプを使用することをお薦めします。

 

逆に、にんにく好きな人にとっては、にんにくの香ばしい匂いと、『にんにく卵黄』独特のコクと風味が味わうことができる、至極の一品になるでしょう。

 

『にんにく卵黄』の主流を占めるソフトカプセルタイプは、一粒約400mgの重量がありますが、カプセル自体の重量と中に充填する油、酸化防止のミツロウなどが4分の3を占めており、実質の『にんにく卵黄』の量は100mg程度しか入っていません。

 

その点、顆粒タイプであれば、100%『にんにく卵黄』の成分ですから、1粒200mgでも、カプセルタイプの2倍の『にんにく卵黄』を体内に取り入れることができるのも、大きな利点です。

 

顆粒タイプは、粉末タイプと同じく『健康家族の伝統にんにく卵黄』、『にんにく玉本舗の国産にんにく玉ゴールド』が広く知られています。

顆粒タイプ関連ページ

粉末タイプ
にんにく卵黄の粉末タイプについて説明します。
ソフトカプセルタイプ
にんにく卵黄のソフトカプセルタイプについて説明します。
ハードカプセルタイプ
にんにく卵黄のハードカプセルタイプについて説明します。